読むサラダ〜140字小説家の挑戦〜

140字小説家✒︎『Twitter novelist』による新しい文学への挑戦記。文字を使って様々な文学への可能性を追求します。一緒に作品を作りませんか?

MENU

『禁じられた森』ブログ小説No.3

 f:id:toshiharu_toukairin:20190608094322j:image

禁じられた森

病気で親友を亡くした夜、僕は禁じられた森の中に入った。

 

元々両親のいなかった僕らは家族同然だったんだ。

「ごめんね、先にいなくなってしまうけど」

「そんなこと言うなよ!治してまた一緒に遊ぼうよ」

親友は笑顔でうなずき、そのままそっと息を引き取った。一生分の涙が彼の握りしめたハンカチに零れた。

 

難病。

信じられない数の病が彼を襲った。病名は複雑で僕には覚えることすらできないものだった。

 

僕は先生の白衣を掴んで、彼を助けてあげて欲しいと何度も泣いて頼んだ。先生は目を閉じ、首を横にふるだけだった。治せない病もある。そんなことは僕らも知っていた。


随分前に病院内で元気な彼と遊んでいる時に聞いた噂話があった。この病院の裏口から抜けた先の森で願いが叶うというものだった。ただし、何人も挑戦したけれど帰ってきた者はいないとか。

 

僕は親友の顔に白いハンカチをかけ直し、走り出す。

 

虫の音だけが聞こえる禁じられた森の中で一人さまよった。

 

f:id:toshiharu_toukairin:20190608095835j:image

 

すると、森の奥に行列が見えた。一目でこの世のものではないことが分かるほど、異形な姿をしている。僕は震えてその場を動けなくなった。

 

黄泉へと続く小径を魍魎たちが歩いている。願いを叶えるには彼らと話すしかないようだ。

 

手招きされ、僕はその隊に加わった。

「小僧、お前はどんな魍魎になるつもりだ?俺たちに会っちまったんだ。引き返すことは許されない」

鬼が僕にそう囁いた。

 

そうか、ここで彼らを目にすると自分も魍魎にされるということか。願いが叶うなんて世の中そんなに甘くはない。

 

僕は自然と覚悟を決めた。親友のいないこの世にすでに未練などなかった。

 

「病気を喰らうよ。この世の病、全てを僕の腹に収めてやるんだ!」

僕は鬼に叫んだ。

 

病を食べる魍魎になれるなら願いは半分叶ったようなものだ。もう僕の親友ように悲しむ人を見なくてすむ。もう半分の願いは叶いそうもない。僕がここで死ねばまた会えるかな。

 

「お前は良い奴だ」


そう言うと、魍魎どもは何もせず笑って消えた。僕はここで死ぬはずだった命を拾った。

 

親友の分までこの足で歩いて行こう。満月に誓った夜だった。

 

f:id:toshiharu_toukairin:20190608095511j:image

 

#ブログ小説 #千文字の世界

 

www.reading-salad.com