読むサラダ〜140字小説家の挑戦〜

140字小説家✒︎『Twitter novelist』による新しい文学への挑戦記。文字を使って様々な文学への可能性を追求します。一緒に作品を作りませんか?

MENU

『花壇』ブログ小説NO.5

f:id:toshiharu_toukairin:20190609002310j:image

花壇

「あーあ、我が家に素敵な花壇があったらなぁ」

 

娘はいつもそんな事を言う。

 

女房は娘が3歳の時にこの世を去った。花を育てるのが好きな女だった。毎日花壇に水をやる姿を作業場から横目で見ていたものだ。


傘職人として男手一つで子育てしてきた俺に、花を育てる技術などあるはずもなかった。

 

見る見るうちに花壇の花は荒れ、いつしか最後の一輪だけになっていた。女房の好きだった名前もわからない青い花。

 

f:id:toshiharu_toukairin:20190610081225j:image

 

その花すらも枯れてしまった後に取り残された褐色のレンガは、いつも寂しそうに俺の方を向いていた。

 

それから娘と二人で苦しい日々。傘も売れず娘に何一つ買ってやることができなかった。そんな俺に娘は何一つ欲しいと言わなかった。

 

唯一、呟いたのが女房の好きだった花壇。せめて花を咲かせた花壇の一つくらい贈りたい。

 

俺は来る日も来る日も傘を作った。


そして、娘の二十歳の誕生日。

「花壇、作ったぞ」


煙草を吹かしながら娘を作業場に案内した。娘は作業場に咲く傘を見て目を輝かせた。

 

f:id:toshiharu_toukairin:20190610081542j:image

 

「お父さん。素敵な花壇ありがと。お母さん、きっと喜んでると思う。一輪もらっていくね」

 

薄っすらと目に涙を浮かべた娘は、女房の好きだった青の混じった花を摘んで、雨の成人式へと出掛けていった。

 

www.reading-salad.com