読むサラダ〜140字小説家の挑戦〜

140字小説家✒︎『Twitter novelist』による新しい文学への挑戦記。文字を使って様々な文学への可能性を追求します。一緒に作品を作りませんか?

MENU

『閃影ギタリスト』ブログ小説NO.11

f:id:toshiharu_toukairin:20190616114854j:image

日が暮れる少し手前。好きなギターの雑誌を読みながら母の帰りを待つ。

 

いつか手にしてみたい。おもちゃやゲームなんて何もいらない。この雑誌のギタリストみたいに自分の指で弦を弾いてみたい。

 

赤とんぼが網戸から飛び立つと同時に母が玄関を開ける音がした。

「ただいまぁ。ごめんね、いつも一人で待たせて」

 

父さんは随分前にいなくなった。音楽に集中するって言ってたけど、本当のところは分からない。

 

残してくれたピックだけが僕の宝物だった。

「母さん、もしもね。もしもだよ。次の誕生日に少し余裕があったら中古のギターが欲しいんだ」

「ギター?  ごめん、無理かな。家計に全く余裕がないや。父さんみたいにいい加減な人になりたくなかったら、ギターだけはやめなさい」


僕は一度も贈り物をねだった事はない。でも、どうしてもギターが欲しかった。僕を置いて出て行くほどなんだ。きっとすごい楽器に違いない。

 

母が夕食の準備を始めると、僕は部屋へと戻った。ギターのことを考えるだけで胸の鼓動は高鳴る一方だった。


ちょうど夕陽がブラインドを通して僕の部屋の壁に五弦を描く。僕は父さんのピックで影の弦にそっと触れてみた。


「音が聴こえる!」

影の弦は確かに魅惑の音を奏でた。夕陽が作る一時の影。

 

僕は閃影ギタリストになることを決めた。

f:id:toshiharu_toukairin:20190616114924j:image

 

www.reading-salad.com