読むサラダ〜140字小説家の挑戦〜

140字小説家✒︎『Twitter novelist』による新しい文学への挑戦記。文字を使って様々な文学への可能性を追求します。一緒に作品を作りませんか?

MENU

『雨café』ブログ小説NO.26

f:id:toshiharu_toukairin:20190629090445j:image

雨café

冬の桜に夏の銀杏。

 

時代とともに科学は進歩し、日本から四季を奪った。一年中が快適な世界。


科学技術は雨を必要な場所にだけ降らせ、災害すらも根絶した。

 

現代の人々は季節の移り変わりによる衣服の変化すら知らない。テレビ番組では連日『日本の昔の文化』を放送していた。

 

夏の暑い中での道路工事の様子や冬の雪降ろしが珍しい風景として視聴率を独占している。


そんな中、ここ日本では今『雨café』が大ブームだ。

 

雨の降る店内で傘をさしながら人々はコーヒーを楽しむ。自然と雨が降った時代では考えられない店舗構想。

f:id:toshiharu_toukairin:20190629091203j:image

 

ビーチサンダルで砂漠を歩きながらお酒を飲む、灼熱BARが猛烈な勢いで客足を伸ばす。

 

粉雪を眺めながらかき氷を食べる新感覚のスイーツ店のOPENをみんな首を長くして待っていた。

 

 


結局、僕らはいつも何か不自由を求めているんだ。

f:id:toshiharu_toukairin:20190629091211j:image