読むサラダ〜140字小説家の挑戦〜

140字小説家✒︎『Twitter novelist』による新しい文学への挑戦記。文字を使って様々な文学への可能性を追求します。一緒に作品を作りませんか?

MENU

『コールセンターの一日』ブログ小説NO.32

f:id:toshiharu_toukairin:20190706101939j:image

コールセンターの一日

「大変お待たせいたしました。ご用件をお伺い致します」


鳴り響く電話の嵐。

着信音の合唱は、窓の外の蝉時雨に決して負けていない。

 

太陽の灼熱と冷房の極寒の狭間で、私は今、処理し終えたばかりの受話器を置いた。

 

お茶を一口含む暇すらなく、次の電話が生まれたての赤ん坊のように泣きじゃくる。私はグラスをため息と同時にコースターにおいて、受話器をつかむ。

 

それが私の仕事。

 

電話受付担当とは言え、一日中、こんなやりとりが続くのは滅入る。

 

依頼内容の仕分けだけでも凄い量だというのに。


「はい。絵馬に書かれた夢が一万件ですね。何神社ですか?わかりました。絵馬のグレードの順での処理となることをあらかじめご了承ください」

 

「七夕の短冊の願い事が724件。東京都の立花保育園ですね。子どもの卒園までに叶えられるか?ちょっと弊社の上司に相談してから折り返します」

 

「はい、もしもし。お賽銭の決算?まだ7月ですよ!そんなの後にしてください」


神の一日は忙しい。

 

f:id:toshiharu_toukairin:20190706102001j:image

 

www.reading-salad.com