読むサラダ〜140字小説家の挑戦〜

140字小説家✒︎『Twitter novelist』による新しい文学への挑戦記。文字を使って様々な文学への可能性を追求します。一緒に作品を作りませんか?

MENU

『輪廻転生』ブログ小説NO.36

f:id:toshiharu_toukairin:20190710123103j:image

輪廻転生

夏の蚊は願った。

人に忌み嫌われる存在でなく、喜ばれる存在になりたいと。

 

『神は蚊から針を奪い、代わりに光を与えた』


蛍は願った。

儚い命で飛び回るよりも大地を強く駆け回りたいと。

 

『神は蛍から光を奪い、代わりに脚と角を与えた』


ユニコーンは願った。

贅沢な悩みだが、この姿のまま空を再び飛んでみたいと。

 

『神はユニコーンから角を奪い、代わりに翼を与えた』

 


ペガサスは願った。

人にいつか触れてみたいと。

 

『神はペガサスから翼を奪い、代わりに針を与えた』

 

夏の蚊は想う。あぁ、自分は何がしたかったのだろうと。

 

願いが明確でなかったために、神の慈悲を活かすことができなかった自分に涙した。

 

夏のにわか雨は上空で嘆く蚊が起こす。

 

『神は蚊から羽と針とその姿形を奪い、代わりに無力な姿に変えた』

 

f:id:toshiharu_toukairin:20190710123118j:image

 

www.reading-salad.com