読むサラダ〜140字小説家の挑戦〜

140字小説家✒︎『Twitter novelist』による新しい文学への挑戦記。文字を使って様々な文学への可能性を追求します。一緒に作品を作りませんか?

MENU

『召喚』ブログ小説NO.38

f:id:toshiharu_toukairin:20190712131507j:image

召喚

赤く光る人差し指を突き立て、一直線に大地へと落とした。

 

指先で素早く魔法円を描くと両手で印を組み、術を唱える。

 

辺り一面が闇に包まれ、イメージしたモノを自在に呼び出すことができた。

 

『召喚士』

 

私は魔法学校を首席で卒業し、皆の憧れの的となった。

 

龍などの幻獣召喚を必死で練習する親友を横目に私は微笑んだ。

 

「首席は何を出すのです?」

親友が汗をリストバンドで拭いながら私に聞く。

 

私は笑顔で即答する。

「おじいちゃん」

 

ずっと会いたかった。

f:id:toshiharu_toukairin:20190712131528j:image

 

www.reading-salad.com