読むサラダ〜140字小説家の挑戦〜

140字小説家✒︎『Twitter novelist』による新しい文学への挑戦記。文字を使って様々な文学への可能性を追求します。一緒に作品を作りませんか?

MENU

決まらない家族✒︎

f:id:toshiharu_toukairin:20190630193712j:image

頑張れきな子

まもなく我が家に来てから8ヶ月が経とうとしている『きな子』です。

 

サビ猫は猫の種類の中でもずば抜けて賢く、最近では「今日は新しい家族を探す譲渡会の日だ」ということが分かるようになったみたいなんです。

 

そんな日は朝から様々な場所に隠れます。今日も14時スタートの譲渡会のために、13時から気合いを入れて搜索。

 

きな子が居なかった部屋の扉を順に締めていき、残るは寝室。

 

「ははぁん、さてはいつものベッドの下だな」

とあたりを付けてガバッとベッドをひっくり返すも不在(゚∀゚)

 

こんな日は名前を呼んでも返事もしません。

 

そんなことをしているうちに時計は13:45。もう時間がない。そんな時に頼りになるのが先住猫2匹。

 

寝室に放つときな子の毛づくろいをするために搜索開始。すぐにあり得ないほど狭い隙間に入っていく二匹。

 

きな子はその隙間の一番奥に隠れていました。無事に譲渡会へ。

 

6月は子猫のシーズン

譲渡会に参加できても、ライバルは多数です。特にこの時期は子猫がどんどん生まれてくるので、大きくなった猫は不利なのです💦

 

さらにきな子は譲渡会会場で『震える』と『過呼吸』という二つのスキルを身につけたので開始早々、帰宅態勢に(笑)

 

それでもいつか運命の人が現れる日を願って、また来週も参加します✨

f:id:toshiharu_toukairin:20190630194645j:image